モザイクアートの町ラヴェンナについて

モザイクアートとは モザイクアートの今と歴史 モザイクを巡る旅

ラヴェンナは、世界遺産の街

北イタリアの小都市、ラヴェンナは、古典末期キリスト教美術の宝庫!聖堂・礼拝堂内を荘厳に飾るモザイク芸術を含め、ラヴェンナの初期キリスト聖堂・礼拝堂群は、1996年世界遺産に登録されました。

サンヴィターレ聖堂 ラヴェンナ
サンヴィターレ聖堂/La basilica di San Vitale ラヴェンナ イタリア Photo2016NahomiOkada

ラヴェンナは、北イタリア・ラヴェンナ県都


ラヴェンナ(Ravenna)は、北イタリアのロマーニャ州ラヴェンナ県に属し、人口約15万人の県都です。ボローニャから東へ80キロ、列車では、ローカル線で1時間かけ、のんびり旅します。ベネツィアからアドリア海に沿って南下し、150キロに位置します。

国鉄のラヴェンナ駅から街の中心地、ポーポロ広場(Piazza del Popolo)まで、直線で徒歩10~15分ほど。ポーポロ広場から、街のショッピング・ストリート、チェントロ・ストーリコ(Centro Storico)はわずか5分。近年改装されたおしゃれな市場(Mercato coperto)を始め、チェントロ・ストーリコには華やかなモードショップや、バールが並んでいるので、歩くだけでも楽しいです!

平坦なラヴェンナ中心地区は、自転車での移動が便利。ラヴェンナっ子(ラヴェンナーテ)達がさっそうと自転車で走る姿が印象的です。主要文化遺産も徒歩で回れます。日本のツアーだと半日観光が多いのですが、再開発の進むラヴェンナには、アンテナショップも続々とオープン、モザイク体験もできるので、滞在方でのんびり、ビザンティン芸術の街ラヴェンナを味わってみてくださいね!

ラヴェンナへのフライトは、ボローニャ空港利用が便利です。

ラヴェンナ駅前風景
サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ聖堂を眺めるラヴェンナ駅前風景 Photo2016NahomiOkada

ラヴェンナは、古代ローマの港として開かれた


アドリア海とポー川の潟に囲まれた古代ラヴェンナは、アドリア海有数の港として、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥス(前27〜後14)時代軍港が整えられ、その後、街の人口増加に伴い、海から離れた内陸のラヴェンナにも商港が作られ発展しました。

ラヴェンナ遷都 402年西ローマ帝国首都に


ホノリウス帝(393〜423)時代、西ローマ帝国首都をミラノからラヴェンナに遷都。ラヴェンナは地方都市から一変して、ローマ帝国皇帝にふさわしい壮大な都市として、公共建造物や、教会が建設され、内部は美しいモザイクで飾られました。476年帝国が滅びるまで、西ローマ帝国最後の都として栄えたのち、イタリア半島を支配した東ゴート王国の都となりました。

サンヴィターレ教会の門 ラヴェンナ
マンフレード・ファンティ通りからサン・ヴィターレ寺院へ Via M.Fanti , Ravenna Italy Photo2016NahomiOkada
サンヴィターレ寺院 外観
観光客でにぎわうサン・ヴィターレ寺院外観 Photo2016NahomiOkada
ガッラプラキーディア廟外観
ガッラプ・ラキーディア廟外観 Photo2016NahomiOkada
ガッラプラキーディア廟モザイク 画
ガッラプラキーディア廟内 モザイク画 Photo2016NahomiOkada

ラヴェンナ・ビザンティン帝国 イタリア総督府6世紀


イタリア全土が東ローマ帝国(ビザンティン)の支配下におかれ、ラヴェンナには、ビザンティン帝国のイタリア総督府が置かれた。6世紀(584-751頃)がラヴェンナ栄光の時代です。

ラヴェンナの支配は西ローマ帝国から異民族、東ゴート族、ビザンティン帝国(東ローマ帝国)へと時代の波に翻弄され移り変わりながらも、皇帝や皇后(こうごう)の命のもと、モザイク芸術はきらびやかに育まれました。
今日ラヴェンナは、世界有数のモザイクの都として知られています。

テオドラ妃モザイク画
<皇妃テオドラと廷臣たち>ラヴェンナ サン・ヴィターレ寺院 Photo2016NahomiOkada
ラヴェンナのモザイク画
サン・ヴィターレ寺院 Photo2016NahomiOkada

ラヴェンナの初期キリスト教建造物群/Monumenti paleocristiani di Ravenna とラヴェンナ の見どころ

サン・ヴィターレ聖堂 5世紀半ば/la basilica di San Vitale
ガッラ・プラキディア霊廟(れいびょう)5世紀半ば/Mausoleo di Galla Placidia
大聖堂付属(正統派)洗礼堂(ネオニアート洗礼堂)/il Battistero Neoniano
大司教館礼拝堂/cappella Arcivescovile
サンタポリナーレ・ヌォーボ聖堂/basilica di Sant’Apollinare Nuovo
テオドリック廟/il mausoleo di Teodorico
アリアーニ(アリウス派)洗礼堂(異端派)/battistero degli Ariani
サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂/basilica di Sant’Apollinare in Classe

サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ教会(Basilica di San Giovanni Evangelista)
サン・フランチェスコ聖堂/Basilica di San Francesco

後記:始めてモザイクを制作したのが1994年。ラヴェンナの夏季セミナーでの体験だった。あれからまもなく30年を迎えようとする今も変わらず私はモザイクに魅せられている。心を掴んではなさいモザイクアートとは?岡田七歩美の命題に向かい合う旅が、モザイクの旅であろうか。これまで視覚最優先でモザイクを見てきた不足分を、信頼のおける資料をもとに個人の利用目的でまとめています。ご指摘等ございましたらお知らせ願います。無断転用はお控えください。

参考資料:イタリア12小都市物語 小川煕
wikipedia

七歩美モザイコのモザイクアート作品や実績に関するお問い合わせや、
仕事のご依頼につきましては問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。

お問い合わせはこちら

RELATED 関連記事