モザイクアートの技法【直接・間接】

モザイクアートの技法

モザイクアート制作の代表的な2つの技法を紹介します。[直接技法]と、[間接技法]です。モザイクアートは、平面に限らず、立体物への施工も可能です。

モザイクアート直接技法
モルタルセメント等で、直接支持体にモザイクし、仕上げる技法です。モルタルセメントが硬化するまでに、モザイクを仕上げる技量が求められます。

モザイクアート間接技法
和紙やガーゼなどに、モザイクピース(テッセラ)を、水性のりで仮接着し作り進め、絵柄完成後に、目的の支持体(板など)に施工する方法です。

モザイクアート技法 直接法
モザイクアート技法 直接法
モザイクアート技法 直接法
モザイクアート直接技法 モルタルを準備し、直接モザイクピースを埋め込む技法(モザイクアート教室風景より)
モザイクアート技法 間接技法
モザイクアート技法 間接技法 和紙やガーゼなどに水性のりでモザイクピースを貼り付け作り進める。完成面と制作面が逆転するデメリットがあるが、制作中やり直しができる。時間制限のある教室制作にも向いた技法。(モザイクアート教室風景より)
モザイクアート間接技法
モザイクアート間接技法 絵柄完成後、目的の支持体へモルタル施工する (モザイクアート教室風景より)

ラヴェンナ伝統技法

モザイクの古都ラヴェンナでは、独自の伝統的が技法があります。仮の石灰クリームの土台でモザイク制作を進める、手間ひまかけた工法です。

七歩美モザイコのモザイクアート作品や実績に関するお問い合わせや、
仕事のご依頼につきましては問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。

お問い合わせはこちら