ポンペイ展2022 どれ来てる?オプス・ウェルミクラトゥム①

モザイクアートの技法 モザイクを巡る旅

2022年1月14日いよいよ、東博で待望の特別展「ポンペイ」が始まりました。この度の注目はなんといっても、ポンペイ 旧家「ファウヌスの家」出土の細密なモザイクの数々。

ナポリ国立考古学博物館から、どのモザイクが来ているのか興味津々。週明けて1月18日(火)混雑する前に、さっそくチェックしてきました。

オプス・ウェルミクラトゥムとは?


opus vermiculatum(オプス・ウェルミクラトゥム)とは、モザイクアートの一技法です。
数ミリの角形(長方)にカットしたテッセラ(モザイクピース)で、神話や哲学、肖像や、静物なども描き、邸宅などの床を装飾した芸術です。

西洋絵画の歴史よりはるか昔、先駆的に超写実表現が完成しているのには驚くばかり。四角い石を並べることで、陰影を表現する技法の発見です。
オプス・ウェルミクラトゥムの観察ポイントは、細かさや主題だけでなく、写実的に対象を描いた点。テッセラは、主に石材。遠近法の発明とか陰影とか、一般的な美術史で習うことは、モザイクの時代より、うんと後の時代です。

もともとは、床を装飾するモザイク

細密モザイクのオプス・ウェルミクラトゥムに限らず、この時代のモザイクの目的は、邸宅や公共施設の床装飾でした。
床そものもを作る時に、装飾的な絵柄を組み込んだ、実用的な建築装飾技法だったのです。後の時代に生まれる壁面装飾のモザイクと比較して、舗床(ほしょう)モザイクとも言われます。

床から発掘したモザイク片は、額の形に収めた形で、展示しています。

オプス・ウェルミクラトゥム「メメント・モリ」細部 ポンペイ 展2022より
通称「メメント・モリ」死と隣合わせ、だから今を楽しもう。前1世紀 55.5×49.3cm ポンペイ展2022より
「マトローナ」(既婚女性)1世紀 34x29cm ポンペイ展2022より ローマ時代の芸術家たちは、肖像において際立った腕を示した。家の所有者の肖像をモザイクで複製し、応接室の舗床(ほしょう)にはめ込んだ。オプス・ウェルミクラトゥムのモザイク画は、エンブレマという扱いで、床の中心部に飾られる。貴重なオプス・ウェルミクラトゥムのモザイク画の周りを、モザイクの別技法で幾何学文様などが飾っている。
辻音楽師 前1世紀 58.7×56.5cm ポンペイ展2022より
「哲学者たち」前1世紀 91x89cm ポンペイ展2022より
「ネコとカモ」前1世紀 54x54cm ポンペイ展2022より
「イセエビとタコの戦い」前2世紀末 ポンペイ展2022より

古代都市ポンペイ

現代のイタリア語でポンペイ遺跡は、pompeiと書く。
「Pompeii」。
特別展「ポンペイ」では、pompeiiとある。調べると、pompeiiは、ラテン語表記だという。

さて、注目のポンペイ 遺跡は、南イタリアのナポリからローカル線で30分強。日本からのツアーだとローマから日帰り観光も少なくないが、ローマ〜ナポリはけっこう遠い。

ナポリ湾を望み風光明媚(ふうこうめいび)なポンペイは、紀元前2世紀頃栄え、やがてローマ人の別荘地としても発展しました。
紀元79年ヴェスヴィオ火山の噴火で埋もれた悲劇の街ポンペイ。
1700年後の発掘調査により、古代都市のタイムカプセルとして、高度な文明と繁栄が証明されたのです。

ポンペイ の代表的な邸宅

「ファウヌスの家」「竪琴奏者の家」「悲劇詩人の家」。ポンペイ の代表的な3軒の邸宅から出土した至宝を通し、当時の繁栄ぶりが再現されています。

「猛犬注意」1世紀 77.5×78.5cm ポンペイ展2022より
ポンペイ のモザイク画といえば、一番人気が犬のモザイク。
家の玄関に描かれた床モザイクで、訪問者に番犬がいることを注意喚起している。
ポンペイ遺跡では、3種の犬モザイクが現存する。このモザイクは、オプス・ウェルミクラトより大きな四角いテッセラの作品で、オプス・テッセラトゥム(opus tessellatum)の技法による。

オプス・ウェルミクラトゥム全8点?

特別展「ポンペイ」出品のオプス・ウェルミクラトゥム、本ブログでは、6作品紹介しました。
他2点、「ファウヌスの家」出土のモザイクは、次回に引き続きます。公式カタログには「劇の準備」のオプス・ウェルミクラトゥムも掲載してあるのですが、見落としたかも、、?

「モザイクを見に行くぞ」と決め、”モザイクの目”で出かけても、展示会場では、目的の作品を探せない場面もあります。オプス・ウェルミラクトゥム のモザイク画は、テッセラ(モザイクピース)があまりに小さいため、注意しないと、絵画としてみてしまう事もあるほどです。

ご紹介はスマホ撮影です。崇高なモザイク芸術の細部伝達は不可能。ぜひ、ご自身の目で、オプス・ウェルミラクトゥムの世界を味わってみてください。あなたも、奥深いモザイク芸術にトキメキを覚えるかもしれません。

石工の道具 ポンペイ展2022より

最後に 発音はオプス・フェルミクラトゥムでは?

個人的なイタリア語発音の意見ですが、opus vermiculatumは、オプス・フェルミクラトゥムあるいは、オプス・ヴェルミクラトゥムがよいかな〜と思います。展示ではオプス・ウェルミラクトゥム に統一されていたので、本ブログでは、展示表記に従いました。

ポンペイ 展チケット購入について

開催後まもなくだったので、直接会場で購入しました。理由は、PCから4、5度購入予約を試みたのですが、いずれも、カード情報を入力した時点で画面が飛んでしまったり、暗証番号を入力したら飛んでしまうというエラーが重なったためです。チケット購入窓口で聞くと、古いブラウザでは対応しない場合もあるそうです。macサファリでエラー連続でした。

特別展ポンペイ 会期2022.1.14-4.3 東京国立博物館
参照:特別展ポンペイ 公式カタログ

楽しく学ぶオプス・テッセラトゥム

岡田七歩美のモザイクアート教室 研究独自メソッドで、気軽にモザイクアートを学びます。モザイクアート の基礎が身につき、個性が目覚めるモザイクアート教室です。美術や造形に苦手意識が高い方ほどオススメです。2名までのセミプライベート・レッスン。新型コロナ感染症拡大防止対応しています。
モザイクアート【ベーシックコース】
好きなものから作りたい気持ち優先モザイクアート【クリエイティブコース

おまけ ポンペイ訪問2008

ポンペイ遺跡 2008 夕立前 遠くにヴェスヴィオ山を望む
ポンペイ遺跡 2008 夕立中
ポンペイ遺跡 2008 わだち 当時のワダチあとに溜まった雨水
「イッソスの戦い」復元 ポンペイ遺跡 2008
オリジナルは、ナポリ国立考古学博物館内。復元モザイクは、ラヴェンナのモザイクチームが制作しています。恩師セヴェーロ・ビミャーミ他 イッソスの戦い復元により、それまでポンペイ遺跡のファウヌスの家に行っても、遺跡の堆積物の原っぱに、モザイク風景を空想イメージで補うほかなかった世界に、具体的なイメージが提示されたのでした。
オプス・ウェルミラクトゥム 研修の記録 ラヴェンナ2008
特別展ポンペイのモザイク画は、この写真よりさらに細かなテッセラで作られています。

七歩美モザイコのモザイクアート作品や実績に関するお問い合わせや、
仕事のご依頼につきましては問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。

お問い合わせはこちら

RELATED 関連記事